人材紹介会社の紹介2 ヘッドハンティング系人材紹介会社 

ヘッドハンター、ヘッドハンティングという言葉を聞かれたことがあると思います。管理職や経営層など、ハイクラスの人材を他社から引き抜いてくる行為を指します。

ハイクラス人材を専門に紹介している会社は「ヘッドハンティング系人材紹介会社」「サーチ系人材紹介会社」と言われており、若手社員ではなく、ベテラン層や管理職経験者などを採用するのであれば、こういった人材紹介会社を使うことをお勧めします。

 

・MRIネットワーク

・ビズリーチ

・サーチファーム・ジャパン

・レイノス

 

などが、ヘッドハンティング系人材紹介会社としてあげられます。

 

これらの人材紹介会社は、顧客からの依頼に基づいて要件にあった人材を探しだして紹介します。この「探しだす」という過程が、紹介会社の腕の見せ所です。人材紹介会社が持つ人脈からの紹介に加え、会社四季報・組織図情報・特許情報など様々なところから情報収集を行い、リーダー人材に接触を取り、交渉を行います。一時期、サムソンが日本の電機メーカーの技術者に大量の引き抜き活動を行い、話題になりました。

こういった手法は非常に手間と費用がかかるため、採用時の報酬も高くなります。着手金が必要な場合もあります。

しかし、最近は、必ずしもこのような引抜き行為を行うわけではなく、通常の人材紹介会社と同じく求人広告で人を募集し、登録してきた人材に仕事を紹介するという手法もとっています。インターネットの発達によって、募集活動がしやすくなったことが背景にあります。応募する側も、インターネットを使うことで、忙しい業務の合間に転職活動をすることが容易になってきました。

 

リーダー人材は、自社で育成すると長い時間がかかります。時間を費用に置き換えた時に、ヘッドハンティング系の人材紹介会社を利用するという選択肢もあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>