採用を成功させるためのポイント

採用を成功させるポイントは大きく3つあります。

1.採用後の仕事内容を整理する。

 

実は、これが最も重要なポイントです。仕事内容が定まらないまま採用活動を始めてしまうのは典型的な失敗のパターンです。

何となく忙しいから。人が辞めたから。というだけで採用活動を始めてしまうと、採用の基準がぶれてしまいます。採用活動を始める前に、採用した人材が担当する業務、求める能力や経験を整理して考えましょう。

社員が退職した時は業務整理のチャンスです。社内の業務を見直して再分配し、非効率な業務を整理した上で採用を行い、より良い体制を構築する機会にしましょう。

業務が整理されて求めるものが明確になれば、何を重視して採用すべきかが見えてくると思います。

 

2.重視するポイントを選ぶ

 

「全てにおいて完璧な人材」の採用はできません。どんな人材でも長所があれば短所があります。重視するポイントを満たしていれば、ある程度のことは気にせずに採用しましょう。ここがしっかりしないと、粗さがしのような面接になってしまい、「無難な人材」しか採用できません。

 

3.即戦力にこだわりすぎない

「忙しくて教育する時間が無いので、即戦力を求める。同業界経験者のみを募集します。」という言葉をよく聞きます。

しかし、少し長いスパンで考えた時に、即戦力となるような経験はどれほど重要でしょうか?社員としての長期的な就業を望むのであれば、多少の教育期間があっても十分なリターンがあるのではないでしょうか。

むしろ、条件を絞ることでなかなか人の採用ができず、機会ロスをしてしまうことや、経験だけで採用を決めてしまうことによるマイナスの方が大きいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>