採用手段について(求人広告、紹介予定、派遣など)

人材の募集をする際に、直接求人広告を出して人の募集をする方法と、人材紹介会社・人材派遣会社を通じて人を募集する方法の2種類があります。それぞれの違いを整理してみましょう。

 

大きな違いは費用が発生するタイミングです。

・求人広告による募集活動・・募集開始とともに広告費用が発生。採用できるかどうかはわからない。

・人材会社を通じた募集活動・・募集は人材会社が行う。採用出来た後で費用が発生する。

 

求人広告を出しても人材の採用ができるかどうかはわかりません。もし採用ができなければ求人広告費用はかけ捨てになってしまいます。また、求人広告は非常に多くの種類があり、媒体の選定や原稿の作成にノウハウが必要です。

 

人材会社に依頼をする場合。依頼するだけでは費用は発生しません。(ヘッドハンディングなど、着手金が必要な場合も一部有)人材会社から紹介された人材を採用した場合のみ、紹介料金が発生します。紹介料は年収の20%~30%が相場です。ここだけを比べると、求人広告を出す費用より高くなりますが、広告を出しても採用できない場合のリスク回避、募集広告の作成や応募者対応の手間の軽減がメリットになります。

 

また、派遣社員を採用する選択肢もあります。派遣社員の大きな特徴は、3ヶ月や6ヶ月という期間を定めた契約である点です。採用した人材が業務に合わないと判断した場合や、業務量が変動した時に、契約期間満了とともに、契約終了とすることが可能です。

派遣社員が優秀であった場合は、直接雇用に切り替えることも可能です。

 

それぞれのメリットデメリットを考えて選択を行いましょう。紹介会社への依頼は無料なので、求人広告を出す場合でも、並行して依頼をかけておくのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>